同じ派遣先でも時給アップは可能!?派遣会社との交渉のコツを伝授

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月22日


派遣社員として働く人はたくさんいらっしゃいますが、当然すべての人が時給に満足しているわけではないと思います。実際に派遣先で働いている人の中には「専門性の高い仕事をしているはずなのに時給が安いのでは?」といった疑問や不満を抱いている人もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、今回の記事では時給を上げるための最適なタイミングと具体的な交渉のポイントをご紹介します。

目次

派遣の時給アップは誰に交渉すべき?

時給などの賃金を上げたいと考えるなら、交渉してその旨を伝える必要があります。正社員として直接雇用されている場合は、人事考課のための面談が設けられていることが多く、その際に上司に交渉をするのが一般的です。

しかし、派遣社員は勤務先の会社に直接雇用されているわけではないので交渉する相手が異なり、まずは派遣会社の営業担当が交渉の窓口となります。

また、派遣会社の営業担当者は、担当する派遣スタッフの日々の勤務態度や仕事の上達ぶりを毎日見ているわけではありません。つまり、時給アップを狙うには「うまくアピールすること」も重要となります。

派遣会社の営業担当に交渉をする際は、事前に「どんなことに、どのように頑張って来たか?」というプロセスと、「それによってどんな成果を生んだか?/影響を及ぼしたか?」という成果とを簡単に頭の中にまとめておくと良いでしょう。

「そうは言っても緊張する…」「交渉事には慣れていない」という方は、事前にメモにまとめておいてそれを見ながら面談をしたり、表のようにしてまとめて、それを営業担当と一緒に見ながら話してみたりしても良いでしょう。

合否を決める面接とは異なりますし、どうしても時給アップが困難であればそう告げられるだけで、それが原因で仕事を奪われるということはありません。あまり緊張し過ぎずに交渉をしてみましょう。

派遣の時給交渉をするタイミング

時給交渉する際にはタイミングも非常に重要です。具体的には、契約更新時期の1カ月前くらいに担当者と話をすると良いでしょう。この時期なら派遣会社の営業担当者の記憶にも残りやすく、派遣会社と派遣先企業との契約更改の交渉の際、時給アップを前提とした交渉をしてくれるかもしれません。

これが契約更新ギリギリのタイミングでは、営業担当者も派遣先企業と次の契約内容を固めてしまっている場合も多いため、適度に余裕を持って伝えることが大事です。

派遣の時給交渉をする際の準備

実際に交渉に臨む際も、合否を決める面接ではないため、そこまで緊張し過ぎることはありません。ただし、交渉する相手となる営業担当は毎日派遣スタッフの働きぶりを見ているわけではないため、「自分の毎日の細かな働きを知らない人にも、わかりやすく説明すること」を心がけましょう。

具体的には…

  • どんなことに取り組んだか
  • その成果を出すために自分はどんな工夫をしたか
  • それによってどんな成果が出たか/周囲にどんな影響を及ぼしたか
  • チームや会社として出た成果に対しては、自分のどんな点が貢献できたと思うか

面談に望む前のチェック表


上記のように「プロセス」と「成果」を大きく分けて考えておくと、スムーズに話を進めることができるでしょう。

さらに、もし可能であれば派遣先企業から定期的に評価を聞いておくことも重要です。なぜなら、派遣先企業から評価を聞くことで、自分でも気づかなかった仕事上の実績を発見することにもつながるからです。同時にその評価は、交渉のときの武器になります。

特にIT系の技術職(エンジニア)などの専門性の高い職種の場合には、この傾向は強いものになります。その他、仕事に関連する新たな資格を取得したときなども交渉は有利になりますので、そういった点もしっかり伝えて行きましょう。

指導経験のある人はそれもアピールポイントに

最後に忘れてはいけないことは、派遣先企業での自分自身のポジションです。たとえば、後輩社員の教育を行っているなどの地位があるなら、それは大きなアピールポイントになり、大きく評価されやすいのです。

というのも、1社の派遣会社が1つの職場や部署に複数名を派遣するケースも多いため、後輩社員の育成等を行った経験がある人材は、今後そういった複数名での派遣先で中心的ポジションをお願いできるかもしれないので、派遣会社側から見ても大切にしたい存在です。

勤務年数ごとの時給交渉のポイント

派遣先企業での勤務年数によっても、時給交渉のポイントは変わってきます。なぜなら、勤務年数に応じて営業担当者に効果的にアピールできる部分は異なってくるからです。

1年程度の場合

まず、試用期間中~1年目程度の場合ですが、このときはまだ大きな実績などがないことが多いでしょう。そんな場合は、この1年で取得した資格等、誰の目にも見えやすい成果を強調することが効果的です。

また、未経験者の場合は派遣会社としても「1年目終了時点の能力」よりも「仕事を始めてから1年目終了時点までの伸び幅」に注目する傾向もあります。それを念頭にアピールポイントを考えてみると良いでしょう。


2年目以降の場合

次に契約期間が長くなってくる2年目以降は、自分自身の立場をアピールしてみましょう。一般的に契約期間が長くなればなるほど、仕事の責任も重くなるものです。自分のことはもちろん、新人の教育や後輩への指導などの負担も増えてくる人も多いのではないでしょうか。

また、自分の発案や工夫で部署全体の業務が効率化したなど、自分の能力向上だけでなく周囲に何かしら影響を与えたことがあれば、それも積極的にアピールしてみましょう。こうした経験も交渉の場では非常に説得力のある材料となります。

もちろん、すべて上手くいくとは限りませんが、交渉のときのポイントとしてこうしたことは覚えておいて損はないでしょう。

派遣先企業にとって必要な人材は、時給がアップする

派遣社員は派遣先の企業で働くという特徴があるため、その企業直属で働く正社員とは立場が異なります。しかし、実際に働き始めれば企業の従業員の一員ということは変わりありません。

勤務先で頑張っている派遣社員に対して、派遣先企業は当然好感を持ち、同じ目標を共有する仲間という意識が高くなるはずです。このような意識が強くなってくると、派遣先企業から高評価をもらうことができ、その会社にとってもなくてはならない存在と認識されていくようになります。時給を上げてもらうには、このような人材になれるかどうかが重要になってくるでしょう。

なぜなら、派遣先企業も優秀な人材には長く働いて欲しいため、モチベーションを高めることを考え始めるからです。長くモチベーションを保って働いてもらうために、時給アップを検討するケースは多くあります。ぜひ、派遣先企業にとってなくてはならない存在になり、より良い条件を引き出していきたいものです。

まとめ

今回は、派遣の時給アップのコツについてお伝えしました。
私たちトライアローは通信、IT、建設などの領域に強く、専門性を生かしたお仕事や、今後手に職を付けたい方にピッタリのお仕事が数多くあります。

チームでの派遣にも力を入れており、自分自身のスキルアップにもつながるでしょう。また、資格取得支援制度や一時金の支給など、働く人にとってキャリアに繋がる福利厚生の拡充に取り組んでいます。

お仕事をお探しの方

トライアローは、技術系のお仕事全般を強みとしています。着実にステップアップを積み、お給料をアップして行きやすい職種も多く、資格取得支援制度等も充実しています。

「実際にどんな仕事が向いているか相談したい」「自分の経験でどんな仕事が紹介してもらえるか知りたい」という方は、ぜひこちらからお気軽にご登録ください。