ネットワークエンジニアの理想のキャリアパス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年08月05日

転職を考える皆さんにお届けしているトライアローラボコラム企画ですが、今回は、「ネットワークエンジニアの理想のキャリアパス」と題しまして、前回に引き続き、人気職種であるネットワークエンジニアについて解説していきます。


ネットワークエンジニアとしてスタートを切った後のキャリアパスはどういったものでしょうか。基礎的な仕事は何年程度必要か?技術力はどのように活かせるのか?技術の他に必要なスキルは?年収は?
未経験でスタートしてから5年目までの一例をご紹介しましょう。

まずはスタートからの1年

まずは、就職先を探さなければなりませんが、未経験で応募できる求人はないのでは…と不安になるかもしれません。しかし、そこはご安心を。現在、大小さまざまな企業が独自のネットワークを構築しています。
そして、それに比例してネットワークの監視・運用の仕事が増えているのです。
そのため、未経験を受け入れる門戸は大きく開いているので、やる気次第でネットワークエンジニアとしてのスタートを切ることができるといえます。

ネットワークエンジニアの業務内容は習得する順で大きく分けて「監視・運用」「構築・保守」「設計・提案」に分かれます。では、就職後はどのような1年間が待っているのでしょうか。
まずは「監視・運用」から始まります。企業によりますが、研修を受けながら先輩社員の補佐を務めるケースが多いようです。実際の仕事の流れを通して、障害時の対応やネットワーク導入後の効果検証を担っていきます。

この期間に学ぶ内容にネットワークエンジニアに欠かせない要素が含まれています。
顧客対応することでコミュニケーションスキルを磨き、ユーザーの求めているものを理解する能力を身に付けるとよいでしょう。

ネットワークエンジニア3年目までに

最終目標となる「設計・提案」に必要なのは技術力ばかりではありません。ユーザーのニーズを理解し、そしてプレゼンテーションできるコミュニケーション力が必要不可欠なのです。顧客のニーズをリアルに感じ取れるのは「監視・運用」を担っている時だといえます。

技術力の不安ばかりにとらわれがちですが、最初の3年間で学ぶべきことは多岐にわたります。そして、その間にいくつかの資格取得を目指しましょう。
基本的なものとしてはCisco資格の「CCNA」「CCNP」「CCIE」があります。
更にITILの「ファウンデーション」の取得です。ITIL資格は、ITサービスの運用という分野において大きな強みになります。
これらの資格を取得できるだけの知識と技術が備われば、「構築・保守」に携わることができるでしょう。「構築」は主に、作成されている仕様書の通りにネットワークサーバを構築する業務です。「保守」ではシステムの修理や調整、点検等を行ないます。

3年~5年の間で、スペシャリストと呼ばれるポジションへ

3年目以降は、「構築・保守」に携わりつつ「設計・提案」を担うようになっていく時期です。
いわゆるネットワークエンジニアのスペシャリストです。具体的にはユーザーの要望を調査することから始まります。どういったネットワークシステムを求めているのかを探り出し、的確に分析・提案していきます。これまで培ってきた技術力とコミュニケーション能力が試されます。

キャリアアップと年収

あくまでも目安と考えていただきたいのですが「管理・運用」を担うネットワークエンジニアの年収は一般的に300~500万円ほどだといわれています。
また、その後の「構築・保守」の段階までステップアップすることで500万円~700万円「設計・提案」にまでなると700万円~800万円以上も可能になってくるようです。
企業の規模や個々のスキル、資格取得状況により、もちろん上下します。

希望する年収、目標とする年収もあるでしょう。それらがモチベーションアップに繋がることもあります。しかし、そこだけにとわられず自分らしく働ける場所を見つけ、自分自身に誇れる技術力を磨いていきましょう。


■関連ページ


■トライアローでは、スキルや条件のみならず、キャリアプランを共に考え、皆様のご希望や適正に合ったお仕事のご紹介を行っております。

全国のお仕事が探せます!エンジニアのお仕事を探してみる

自分のスキルに合うお仕事は?ブランクや未経験が心配…そんな方もご相談ください