知っておこう、面接時の敬語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月30日

転職を考える皆さんにお届けしているトライアローラボコラム企画ですが、今回は「知っておこう、面接時の敬語」と題しお送りします。

普段から言葉遣いというのは大切なものですが、面接では特に注意しなければなりません。しかし敬語は一夜漬けの勉強では身につけることは難しく、普段から話す練習をすることも大切です。ここでは面接時の敬語の使い方についてご紹介します。

エンジニアにとっても敬語は重要?

エンジニアは技術で食べているのだから、敬語なんて不要では? と思う人もいるかもしれませんが、やはり日々人とのコミュニケーションは大切ですし、敬語が使えないと面接での場面や就業時上司と会話のやりとりをする際、苦労してしまうこともあるでしょう。

面接で間違いやすい敬語について

私たちが普段使う「普通語」に対して敬語には「謙譲語」と「尊敬語」と「丁寧語」の3つがあります。謙譲語は自分の動作・状態などをへりくだって言う言葉で、尊敬語は動作・状態などを敬って相手を立てる言葉、丁寧語は「です」「ます」のように語尾を変えて聞き手をへりくだって言う言葉です。要するに相手は上で自分は下ですとアピールする言葉遣いということですね。

今回は面接で間違いやすい敬語についていくつかご紹介いたします。

「おたくの会社は…」「そちらの会社は…」
相手の会社のことは「御社」(おんしゃ)と言います。

「おっしゃられる」「おっしゃられた」
「言う」という尊敬語になりますが、正しくは「おっしゃる」「おっしゃった」と言います。「られ」を入れると二重敬語となり正しくない表現ですが、間違った使い方をしている人が多い言葉です。ほかにも「ご覧になられる」「お越しになられる」も間違いで、正しくは「ご覧になる」「お越しになる」と言います。

「その件につきましては存じ上げません」
知りませんという言葉ですが、「存じ上げません」は人に対して言う言葉で、物に対しては「存じません」「わかりかねます」を使うようにしましょう。

「なるほど…」「ええ…」「ハイハイ…」
相手が話していることに対して相槌を打つ言葉ですが、無意識のうちに話してしまっている人も多いようです。これらの言葉は目上の人と会話をするうえでは使うのを控え、相槌を打つなら「はい」と一言で済ますようにしましょう。

「すみません」
日本人はよく「すみません」を使いますが、ビジネスの場などでは「申しわけありません」を使います。また、相手になにかをしてもらったときは「すみません」ではなく、感謝の気持ちを伝える意味で「ありがとうございます」を使うといいでしょう。

「了解です」「了解しました」「わかりました」
会社の日常でもよく使われる言葉ですが、面接時などのビジネスシーンでは「かしこまりました」「承知いたしました」を使います。これも普段から使っていないと、とっさに「了解です」が出てしまいがちですので注意しましょう。

「ご苦労様です」
ご苦労様というのは上司が部下を労う言葉で、ビジネスシーンで使う場合は「お疲れ様です」を使います。

面接で敬語の使い方をマスターするために

敬語は普段から使い慣れていないと、面接の前日に勉強したところでマスターすることは難しく、繰り返し練習して体で覚えることが大切です。体に覚え込ますことで自然に敬語が話せるようになり、意識しなくてもいつのまにかマスターできるようになります。

このように敬語をマスターすることは面接で大事であることはもちろん、普段のビジネスシーンにおいても強い武器になります。転職をお考えの方は敬語もしっかり使えるように意識するといいでしょう。


■関連ページ


■トライアローでは、スキルや条件のみならず、キャリアプランを共に考え、皆様のご希望や適正に合ったお仕事のご紹介を行っております。

全国のお仕事が探せます!

正社員でトライアローで働きたい、そんな方はこちら